東松山市で探偵事務所が不倫相談の調査で取りかかるフローと趣旨

不倫に関する調査を探偵事務所の無料相談サービスを使って依頼し、調査内容を知らせ査定額を出して頂きます。

 

調査手順、調査した訳合、査定金額に許諾できましたら実際に契約を締結する。

 

本契約を交わしましたらリサーチが行います。

 

調査する不倫は、何時も2人1組で実施される場合があります。

 

場合によっては、ご希望を応じることで人数を補正させるのが可能なのです。

 

探偵事務所への不倫の調査では常に報告が随時あります。

 

これにより調べた内容の進捗具合を細かく把握することが可能なので、ほっとできますね。

 

 

私どもの探偵事務所での調査のご契約では規定で日数が定めているので、規定日数分での不倫の調査が完了しまして、すべての調査内容と全結果内容を一つにした依頼調査報告書をお渡しします。

 

調査した結果の報告書には、細かくリサーチした内容について記されており、不倫の調査中に撮影した写真なども一緒に入っています。

 

依頼を受けた不倫調査の後に、依頼者様で訴訟を申し立てる時には、これらの不倫の調査結果の調査した内容、写真類はとても大切な明証です。

 

このような調査を我が探偵事務所に希望する狙い目としては、このとても大切な証明を掴むことにあります。

 

万が一、調査結果報告書の結果に満足できないときは、調査し続けの申し出をする事が可能です。

 

調査結果報告書に同意していただいて本契約が完了させていただいた場合は、それでこの度ご依頼された不倫の調査はすべて終わりとなり、とても重大なリサーチに関する資料は当探偵事務所で責任を持って処分します。

東松山市で不倫調査は探偵事務所が証拠を裁判所に提出します

不倫調査といえば、探偵事務所の事が思い浮かびます。

 

「探偵」とは、相談者様からの依頼を受けまして、周辺の聞き込み、ターゲットの追跡や、張り込みなどの色々な方法によって、依頼されたターゲットの居場所、行動パターンの情報等をピックアップすることを主な仕事なのです。

 

わが探偵事務所の調査内容は多種多様であり、そのほとんどが不倫調査であります。

 

不倫調査はけっこう多いのですよ。

 

機密が重要とされる探偵は不倫調査にはベストといえますでしょう。

 

当探偵に不倫調査依頼をしたら、その道のプロならではの広い知識、ノウハウ等を用いて、ご依頼人様が求める情報や証拠を寄せ集めてレポートしてもらえます。

 

 

不倫の調査のような作業は、昔は興信所に頼むのが当然でしたが、前と違いまして相手の身元確認や会社の雇用調査等が主であり、一般的な探偵のような秘密裏に調べるのではなく、目標の相手に興信所の調査員という事を伝えます。

 

それと、興信所はそんなに細かく調査はしません。

 

親しい知人へ聞き取り調査だけの場合もあるようです。

 

近頃の不倫の調査では、目標に気付かれないように動向を調査してほしいことが多くいるので、興信所より探偵の方が比較的向いています。

 

探偵社へ対する法は昔はありませんでしたが、いざこざが後を絶たなかったことから8年前に探偵業法が制定されました。

 

それなので、所定の届出を出さなければ探偵の仕事ができません。

 

なので信用できる探偵業の運営がすすめられていますので、お客様には信頼して調査を依頼できるようになっています。

 

お悩み事があった時は最初は探偵に連絡することをお奨めしたいと思います。

信頼の探偵事務所はコチラ

 

⇒今すぐ無料で相談できます

東松山市で探偵に不倫調査を依頼した時の金額はどれくらい?

不倫調査において必要なのは探偵に対した依頼ですが、手に入れるためには証拠等を施術に納得がいかなかった場合に、有効度合いで、代金が高くなる傾向のようです。

 

無論、依頼する探偵事務所で値段が変わってきますので、いくつかの探偵の事務所があった際にはその事務所ごとで費用は変わるでしょう。

 

不倫調査でのケースは、行動調査として1人毎に一定の料金が課せられます。調査員が複数になると調査料金がそれだけかかります。

 

行動調査には、尾行のみ、結果を伝えるだけの簡易的な調査と、事前調査と特殊な機材、証拠になる動画、報告書で報告する「基本調査」と二種類あります。

 

相手の行動を調査するかかる代金は、60分ずつを一つの単位としています。

 

契約した時間をオーバーしても調査する場合は、延長するための費用が必要に応じてかかってしまいます。

 

 

調査員1名ずつ1h毎に別途、延長料金が必要なのです。

 

それと、乗り物を使おうと場合ですが車両を使用するための代金がかかります。

 

日数×1台毎の代金で定められています。

 

必要な車両の種類や数によって必要な代金は変わるのです。

 

それに、交通費やガソリン代などの探偵調査に必要な諸経費等必要です。

 

尚、現場の状況になってきますが調査に必要な特殊機材などを使うこともあり、それにより費用がプラスされてきます。

 

特殊な機材の中には、暗視カメラ、偽装ビデオカメラ、仕掛け用カメラ、通信機器、隠しカメラのモニター様々な機器がございます。

 

探偵の事務所ではこれらの特殊機材を使った高い探偵調査力で様々な問題も解決に導いていくことが必ずできます。